概要

HOME > 活動紹介 > 日本小・中・高校生そろばん訪米使節団 > 概要

訪米使節団誕生の背景やその目的、並びに主な行事予定を紹介します。

訪米使節団誕生の背景

手指の操作をともなうそろばんは、若者にとってとても興味深いものです。その学習の成果は、計算力だけでなく暗算能力の開発や右脳開発にあると認められています。珠算技能の資格は社会的評価もありますが、子供に自信を与える教科でもあるのです。
ところが「そろばんは計算用具である」というイメージから、その実用価値は低下してしまいました。そして「そろばんはもう古い」というイメージが生まれ、一般社会ではその教育への評価が揺れています。しかし、新しい計算手段の生みの国である米国では、「そろばんは演算の辞書」と理解してその教育効果を高く評価しています。
その一方、日本では中学生くらいになると「まだ、そろばんを習っているの」と言われることがあります。そこで、珠算学習者へのPRだけでなく、その保護者らの信頼を得るために国際語の代表である英語の学習をかねて、小・中・高校生を訪米させる企画が生まれました。

訪米使節団の目的

  • 1. そろばん学習で獲得した技能が、コンピューター先進国のアメリカでも評価されていることを体験し、参加者にそろばん学習への誇りを再認識してもらう。
  • 2. 外国を理解することへの言語学習の必要性や有用性を体験。そろばん学習で培った自信が有用な学習にも役立つと教え、そろばん教育への信頼を高める。
  • 3. あらゆる分野で、拡大され進展している国際化。珠算の国際化は、あらゆる面での制約が多く、新しい人材の投入が求められている。相互に交流を図ることにより、人材の育成と発展を促し、関係者に勇気と情熱を与えていく。

訪米使節団の主な行事

  • 1. 出発前に首相官邸を表敬訪問しました。内閣総理大臣が執務をするところで、一般の人はなかなか入れない場所です。幸運にも訪問できた団員にとっては、とても貴重な体験になったことでしょう。
  • 2. 公立学校を訪問し、デモンストレーションや教室でそろばん指導も行いました。
  • 3. アメリカでそろばん学習をしている生徒たちとの競技会・交流会を行いました。技を競い合い、現地の生徒たちとも楽しいときを過ごすことができました。
  • 4. 本場のディズニーランドや大リーグ観戦など、思い切り楽しみました。

訪米使節団は、アメリカ珠算連盟( 矢吹慎一氏) の全面的支援のもと実施しています。

最新の訪米使節団